メニュー

© 2016 LOBi Education Co.,Ltd.

独自の学習方法独自の学習方法

LOBiでは他のスクールにはない、独自の学習方法を取り入れています。LOBiでは他のスクールにはない、独自の学習方法を取り入れています。

頭に浮かぶ日本語を英語にしていく頭に浮かぶ日本語を英語にしていく

多くの英会話スクールでは、英語だけのレッスン「英→英」が基本です。
中には日本語を完全に禁止しているスクールもあります。
それによって多くの英会話初心者、初級者の方は、
“英語が分からないのに英語だけでレッスンされてもついていけない“
という悩みを必ず抱えることになります。

日本語を英語にしていく日本語を英語にしていく

「英→英」が効果的ではないとは断言しませんが、これは第一言語の習得方法です。小さな子供は、日本語も英語も両方とも耳から第一言語として身につけていけます。
しかし、日本語が第一言語として定着している大人にとって、話すときに最初に頭に浮かぶのは日本語です。頭に浮かんだ日本語をどう英語にしようか考えることになります。
その理由から「英→英」第一言語の習得方法では、話せるようになるためにとても時間がかかってしまいます。

伝えたい日本語をどう英語で言うのかにフォーカスしたメソッドやカリキュラムでトレーニングすることで、まず「日→英」ができるようになることが、どんな日本人にとっても一番合った方法なのです。

毎日英語で考え、英語で話すことを続けることで「日→英」が身につき、言えることが増えていけば、理解できる英語も自然と増えていきます。

置き換えメソッド 英会話に正解はない置き換えメソッド 英会話に正解はない

日本語は細かいニュアンスをもつ表現が多く、複雑な言語と言われており、英語にない表現がたくさんあります。ネイティブ並みに話せる人たちでも、直訳できないことはたくさんあります。

片想い あなたはこの日本語を英語で表現できますか?

あなたはこの日本語を英語で表現できますか?
日本語にしかない言葉ですから、直訳がない場合、
“私は彼女が好きだ”
“彼女はそのこと知らない”
と状況を説明することで伝えられます。
他にもいろいろな言い方で『片想い』を相手に伝えることはできますね。

流暢に話せる人たちが、すべて同じ言い方をするわけではないということは、これが「正解」といったものはなく、伝わればすべて「正解」とも言えるわけです。

私たちのスクールでは、まず英語にしやすい日本語をつくるトレーニングを重ね、それを英語にしていくことで、生きた英語を身につけることができます。

今、英語が全くできなくても大丈夫

1日たったの12分のエクササイズと週1回のオンラインレッスンで、
旅行での英会話もネイティブとの日常会話も簡単にできるようになります。
英会話は頑張って勉強するものではありません。
繰り返しのトレーニングで身につけていくものです。

日本人の日本人による日本人のためのこだわり抜いたLOBiエデュケーション独自のメソッドは、スクールオープン以来、英語を話せるようになりたい多くの方に共感頂き支持され続けています。